ホーム > 製品 > 希土類磁石 > 風力タービンマグネット

風力タービンマグネット

再生可能な風力エネルギーの終わりに。 GMEは、直接駆動風力タービン発電機専用の永久希土類ネオジム磁石のラインを開発しました。 当社は、25kWから2.3MWの小型および大型風力タービン用のDD PMG(ダイレクトドライブ永久磁石発電機)用のこのグレードの材料を製造しました。 風力タービンで使用されているDD PMGは、効率を低下させることなく、発電機のサイズ、重量、製造コストを削減するという利点を提供します。 フットプリントを発電機の質量と共に減少させることは、他の風力タービン部品のサイズおよび重量、したがって全体の製造コストを低減することができる。 DD PMG風力タービンは、部品点数が減り、時間の経過と共に発電機の故障、ギアボックスの故障、高価な修理、生産性の低下を経験する可能性が低くなります。 当社の永久磁石は、さまざまな磁気特性を最適化して、コギング、リップルトルク、および完全な離脱トルクを最小限に抑えます。 磁石の性能損失は、磁石を90°Cにサイクルすると0.5%未満です。 さらに、当社のNdFeB磁石は、150℃という高い温度で動作するように設計されており、緊急停止または機械端子の短絡の重大な状況において、磁気特性の向上により磁束密度の生存性が向上します。 私たちのNdFeB磁石は、最高48MGOeの高エネルギー製品と150℃の最高動作温度を備えています。 長方形の部品は長さ250mm×幅100mm×厚さ50mmまで製造でき、公差は±0.05mmと厳しいものがあります。 ラミネートおよび非ラミネートのフラックスコンセントレータは、完全なアセンブリとして利用できます。 さらに、アークおよびパンの塊の形状を含む様々な形状が利用可能である。
専門の風力タービン磁石のメーカーやサプライヤーから高品質の風力タービン磁石を入手してください。 私たちの工場は、最低価格で最高の製品を提供しています。